SHE'D LIKE TO DIE

あまくてにがい味ってなによ

「おはよう」も「おやすみ」も、「ごめんね」も「ありがとう」も

 

 

 

一日たりとも私のこと忘れないでいてくれたの、あなたくらいなんじゃないの。

 

毎朝目が覚めたら「おはよう」のライン。たまに「おはようまなちゃん」って名前もいっしょに呼ばれるのがちょっと嬉しかったりした。私がめんどうで無視してても何も言わずに夜になると「今日もお疲れさま」「おやすみ」のライン。たまに寝る前に電話したりして。「すきだよ」なんてオプションもつけてくれて。私のコンプレックスを刺激しない程度に「かわいいよ」って褒めてくれて。間違いなく私はしあわせだったけど。ずっとこのままだと思ってたけど。

 

 

喧嘩したときのあなたの「ごめんね」が死ぬほど嫌いだった。いかにもつらそうで、いかにも悲しそうで、私が悪者になる瞬間だった。でもね、あなたの自然な「ありがとう」が死ぬほど愛しかった。ほんとうにうれしそうに、ほんとうに無邪気に言うもんだから。私がたまにキスをしたら「あっキスしてくれた」「ありがとう」って笑うの。どこまでバカなの。きのう拒否されたこともう忘れたの?

 

 

恋人といえば恋人だし、恋人じゃないといえば恋人じゃない。そんな関係で、そんなちぐはぐな関係で、私は「大丈夫」って思ってたの。だって私も好きだったもん。あなたの好意を踏みにじってるつもりなんてさらさらなかった。見て見ぬふりをしていた自覚は、あるけど。

 

 

 

やっぱりこわいな、あなたのいないこれからの日々がこわい。あなた以上に好きになった人はたくさんいるけど、あなたほど失いたくない人が他にいないよ。泣きたくなったら、どうしたらいい?夜こわくなってねむれなくなったら、どうしたらいい?今まであなたの前でしかなれなかった「私」は、誰に見せたらいいの。

 

 

ほんとうは 「ごめんね」しか言えないのに、「ありがとう」しか言わなかった。

 

 

今の私の状況を見たらきっとあなたは「ずるいよ」って言うんだろうな。だって振られたのはあなただもんね。あなたのほうがつらいはずなのにね。あなたの涙を無視して感傷に浸る、ばかな女だよ。

 

 

「もっともっと愛してよ」って言ったらあなたは笑ってたね。「俺以上にお前を愛せる人なんてどこにいんの」って。「いるもん」って言ったけど、いないね。いなかったね。

 

 

ずるい人間で、ばかな女で、ごめんね。またいつか、愛してね。

 

 

13781937178316329

 

 

 

顕示欲と承認欲に占拠された脳

 

 

興の味覚障害。他人への興味なんてほとんどない。興味を示したふりをするのは自己をアピールするため。そうでもしないと誰も他人に興味なんて持ちやしないから。私がそうだからわかるの。自主性のない媒体に誰も興味なんてないの。でもそんなものすら飽きちゃって。ああ、もう、誰も私のことなんて知らなくていいのかもなんて思ったりして。だってどうせ死ぬのよ。私が死んだって気づきもしない人間ばかりに囲まれて、存在を認められた気になって、そんで、どうすんの?

 

私に最近興味をもってた彼だって、私の本名も住所も電話番号すら知らないのよ。明日私が死んだって彼は気づきもせずいつもと変わらない日を過ごすの。「あいたい」の気持ちも薄れていって、代わりの女の子で満足して、死ぬ前に思い出す女の子はきっと私じゃないのよ。そんな彼に私までもが興味を示す必要があったのかしら。

 

私はほんとうの愛を知らないから、相互に求めあう関係じゃないと不安になってしまうから、中途半端な愛で満足してしまう。私が応えられるだけの愛を与えてくれるひと。私の許容範囲内の愛しか求めてこないひと。だから4年も、この安全地帯から打開できないのよ。こんなものが『愛』じゃないなんて、とっくの昔に気付いてるよ、ばか。

 

私は結局「知りたい」わけじゃなかった。「知ってほしい」だけだった。でも明け透けの顕示欲を見透かされたくなかったから「知りたい」姿勢をとった。でも知ってほしいことは伝えられなくて、知らなくていいことばかりを知ってしまった。そんなこと知りたくなかった。聞きたくなかった。誰でもよかった、なんて言葉。知らなかったら些細なことでもスペシャルを感じられたわ。

 

もうずっとずっとお花畑で暮らしていたかったの。しあわせのうそにほんとうを隠して笑っていたかった。あの日の言葉がうそだとわかった今でも、あの日に戻りたくて仕方ない。それくらいダークな世界がにがてなの。グレーゾーンで生きるのはもういやなの。

 

「あいしてる」がききたいや。なんとなく、そういう気分なの。きもちわるい言葉できもちよくなりたい。無様な人間でも生きた証がほしい。誰かの脳裏に焼き付きたい。もっともっと満たされたい。わたしは死ぬまで承認欲に犯されるの。

 

 

さみしいにんげん、まずいにんじん。

 

 

 

 

 

 

ブレーキランプ5回点滅って何のサイン?

きょうは何の日。たんじょうび。だれの誕生日。だいすきだった人。もう好きじゃないの。もう好きじゃないよ。どうして好きじゃなくなったの。だって、あの人が。

 

いつ恋に落ちたとかいつから一緒に暮らし始めたのかとかまったく覚えていやしないのに、くだらないことばっか覚えてるの。たばこを吸うときの手の仕草とか缶コーヒーを飲むときの喉仏の動きとかキスするときの首の傾きとか笑うときの口角の上がり方とか。むしろこんな一面しかわたしには見せてくれなかったものね。それがあなたのすべてだと思い込んでいたのだけれど。

 

2015年1月31日の朝、「結婚するね」って。ばか、服着てから言え。ばか。

 

たしかに付き合ってなんかなかったし、帰ってこない日があったのも分かってたし、でもそれでも「すきだよ」って言ってくれてたし、いっぱいしあわせだったもん、いやほんとう意味わかんないし、笑って「やっと?おめでと」とか言えちゃう自分がこわいし、マジでわけわかんないじゃん。

 

LINEのアイコンが新生児に変わった。嫉妬なんかしない。だってわたし、いつまでもガラケー使ってメールでやり取りしてたあなたが好きだったんだもん。LINEなんかしちゃうような、子供の写真をロック画面に設定しちゃうような、そんな男じゃなかったもん。そんなあなたに興味ないもん。嫉妬なんかしない。

 

ねえ、まだ同じたばこ吸ってる?まさかこどもに悪いからやめたとか言わないよね?たばこ吸えないからってディズニーも映画館も行けないよって言ってたあなたはもういないの?終わった恋なんてどうでもいいけど。だいすきだったけど。他人の幸せを祈ることほど無意味なことなんかないけど。

 

 

あー、もう。最後ね。もう忘れるからね。

 

おたんじょうびおめでとうね。

 

 

 

 

 

 

愛への執着心と欲望の終着点

 

 

護られた経験も捨てられた経験もすべて””愛””に基づく経験なんだろう。 愛された、愛された、愛された、それでも愛が足りなかった。愛したい、愛したい、愛したい、それなのに愛は足りなかった。愛への執着心。この欲望の終着点は一体どこだろう。追い求めて生きることは決して間違いなんかじゃないと思いたい。この欲望こそが””生きている””ってことなんだって信じたいの。

 

喫茶店デート、水族館デート、美術館デート、映画デート、お買い物デート。そんな胸が高鳴るようなデートを心躍るあなたとしたいの。くだらない話もあついあつい話もちょっとおおきく抱いた夢の話もぜんぶぜんぶ聞かせて。しあわせだったな、次はもうないかもな、でも、なくてもいいかもなんて思っちゃうくらい、しあわせだったな。帰りはあなたが奨めてくれた音楽を聴きながら電車に揺られるの。そんな時間にはたっぷりの愛が感じられるでしょ。

 

何も聞かない。何も言わない。何も知らない。でもなにもかもを好きになった気分でとなりにいたい。

 

今日はふわふわな夢をみた。知らない町のど真ん中でメリーゴーランドに乗りながら水色のソフトクリームを食べてにこにこしてたの。天気はくもりだったかな。でも気分はどんよりしていなかったな。これが現実だったらな。こんな日常だったらな。目覚めたくなかったな。

 

 

かわいい下着もかわいい服もデートのために買ったのに。おしごとなのよ。

 

 

おかねもちになってせかいせいふく。